Onyx社


ウォークオフ補償BBO


Walk-off compensated BBO

位相整合角補正による、ウォークオフ補償BBOスタック


Onyx社は、BBO, LBO, KTPを、0.05°以下の精度で軸反転し接合することができる技術を持っています。




<用途>
BBOおよびLBOの高調波変換効率を高めるためのウォークオフ補正
特に、BBOのウォークオフ角が大きいため、可視から深紫外(DUV)に高調波変換するために、WOC BBOが有効です。



<利点>
・高い波変換効率
・インタラクションの長さが増加
・ビーム品質が改善
・入射許容角度幅の拡大
・アライメントの簡易化






<お問い合わせ>
下記仕様をお知らせください。
・希望動作波長
・希望動作温度
・アパーチャサイズ
・スタックの層数と層厚
・ARコーティング、数量
                                  <図1>

4層WOC BBOスタック
4mm x 8mm x 19mm 
可視光から紫外線への変換用 
上面である4mm x 19mmの面が
入射面・出射面です。
 


<図2 BBO WOC 4層スタックのWOC実験結果 >


1. 4層スタックBBOではウォークオフが補正され、メモリが二重に見えません。

          BBO単結晶       4層BBOスタック   


                2.パルス532nmの光源レーザーを使用した、シングルパス効率–単結晶のほぼ10倍です。



           3. SHG用に修正される切り出し角度誤差(0.432°)とSHG出力の関係グラフ。
             角度測定精度は約0.002°です。



※上記のデータは、全てOnyxで作られたものです。
US Pat. 8,102,593; 10,031,286; and Patent Pending

HOME

株式会社ハナムラオプティクス