Nd:GdVO4結晶 


Nd:GdVO4結晶は、LD励起固体レーザ用として現在供給されています中で最も効率的なレーザ結晶の1つです。
理想的な物理・光学・機械特性と共に、レーザ発振波長における広い誘導放出断面積、高い吸収係数、
励起波長における広い吸収帯域、理想的な熱伝導率、高いレーザ誘導、ダメージ閾値は、
Nd:GdYVO4結晶を高出力で、安定性があり、且つコスト面でも効率的なLD励起固体レーザ用媒質として
優れた結晶として位置付ています。


  • 理想的な熱伝導率
  • 低いレーザダメージ閾値と高いスロープ効率
  • レーザ発振波長における広い誘導放出断面積
  • 広い励起波長帯域における高い吸収係数
  • 励起波長に対する低い依存性・シングルモード出力に最適
  • 光学的に一軸で広い複屈折により、強偏光レーザ発振が可能

様々な用途において、Nd:GdVO4結晶は、高出力DPSSレーザ用としてNd:YAGやNd:YVO4結晶に代わる、理想的な結晶です。
Nd:YVO4結晶と比べますと、Nd:GdVO4結晶はより良い熱伝導率を持ち且つ高出力を得る事が出来ます。
また、Nd:GdVO4結晶と比べますと、より高いスロープ効率を持ち、より小型の設計が可能です。

■ 基本特性

 化学式  Gd.99Nd.01YO4
 Nd3+ドープ濃度  1.0 ± 0.1 at%
 結晶構造  正方晶
 空間群  l41/amd
 格子定数(A)
 a=7.21, b=6.35

■ 光学特性

 レーザ発振転移  4F3/2-4I11/2
 発振波長  1062.9nm
 放出断面積、(E1/1 1/2c, @ 1064nm)cm2  7.6 x 10-19
 吸収断面積、(E1/1 1/2c, @ 808nm)cm2  4.9 x 10-19
 吸収係数、(E1/1 1/2c, @ 808nm)cm-1  74
 屈折率 @1064nm  no=1.972, ne=2.192
 熱伝導率、W(mxK):<110>  11.7
 密度  5.47g/cm3



HOME

株式会社ハナムラオプティクス