コアクティブ 中赤外〜赤外ファイバ


コアクティブ社のIRTファイバは、中赤外〜赤外光を低損失で伝送し、機械的特性にも優れています。

このIRTファイバにより、これまでオプティクスを使用したフリースペースや低品質なファイバ、その他のビーム伝送方法が
使用されてきた分野において、より良好な伝送効率を実現可能です。

IRTファイバは、アメリカのNaval Research Laboratory (NRL)のライセンス契約下で製造されており、
NRLが製造技術や製造工程についての主要なパテントを保有しています。

ファイバの材質は、以下の2種類のカルコゲナイドガラスからご選択可能です。


  IRT-SU

  IRT-SE
 ・・・・

 ・・・・
 Sulphide glass(As2S3、硫化物ガラス)で構成されており、波長2〜6umの範囲での吸収が最も低い。

 Selenide glass(As2Se3、セレンガラス)で構成されており、波長2〜9umの広帯域で伝送可能。


■ 特長
 - 低損失
 - ハイパワーも伝送可能
 - 広波長範囲(波長2~9um)
 - 高フレキシビリティ & 高強度
 - プルーフテストクリアにより、長期信頼性あり
 - 一貫した生産工程により、km単位での製造も可能
■ 用途
 - 赤外レーザ光伝送
 - フーリエ変換赤外分光
 - 中赤外レーザ光伝送
 - センシング ・ 環境
 - 非線形用途


■ 標準品仕様
 品 番 IRT-SE-6/170 IRT-SE-100/170 IRT-SU-7/170 IRT-SU-70/170 IRT-SU-100/170
 コア径 6um 100um 7um 70um 100um
 クラッド径 170um
 設計波長 2〜6um 2〜9um
 組成 As2Se3 As2S3
 コアの屈折率(典型値) 2.4 2.7
 減衰値(典型値) 0.15dB/m@2.7um 0.20dB/m@6um
 最大減衰値 - 0.5dB/m@4.55um
 コアの非真円度 <1%
 コア/クラッドの偏心 <5um
 コーティング材 1層アクリレート
 プルーフテスト >15kpsi
 耐薬品性 以下に対し不溶性を有しています。
水、濃塩酸、非酸化性酸、ガソリン、トルオール、アルコール、アセトン
※ 上記以外のコア/クラッド径にも対応可能です。


■ 減衰曲線

■ ファイバアッセンブリのOrdering information

IRTファイバを、ユーザ様仕様でアッセンブリ可能です。

FCA @ A / B C D E F


@  IRTファイバの材質  SE=Selenide
 SU=Sulphide
A  IRTファイバのコア径
B  IRTファイバのクラッド径
C  ファイバの全長
D  シース材(保護チューブ)の材質  B=ポリウレタン
 C=ステンレス
E  入射側のコネクタタイプ  FC=FC/PCコネクタ
 APC=FC/APCコネクタ
E  出射側のコネクタタイプ  FC=FC/PCコネクタ
 APC=FC/APCコネクタ

※ コアクティブ社は、ファイバへの結合は、フリースペース入射を提案致します。
   ファイバの端面にダメージが生じる可能性がありますので、ファイバとの付き合せ結合はお勧め致しません。


 コアクティブ社 仕様書



HOME

株式会社ハナムラオプティクス