THzビームエキスパンダー

 


THzビームエキスパンダー

THzビームエキスパンダーは、平行なTHzビームを拡大または収束します。Galilean THzエキスパンダーの2つのレンズで、収差が低レベルになります。これは、ビーム発散の影響を低減する回折限界システムです。ビームを拡張させることにより、THz放射を回折限界の焦点に集束させることができます。したがって、最大放射電力密度を達成することができます。

THzビームエキスパンダーは、連続およびパルス両方の放射線源で使用できます。入口と出口の開口部が大きいため、エキスパンダーはさまざまな入射ビーム径で使用できます。

THz反射防止コーティングは、必要な動作波長範囲ごとにエキスパンダーのレンズに適用できます。 

ビームエキスパンダーは、x2, x5, x10の拡大(収束)比があります。エキスパンダーの主要なパラメーターを次の表に示します。

拡張(収束)比率 х2 х5 х10
レンズ素材 HRFZ-Si
動作範囲、μm 50〜8000(6 THz〜37 GHz)
最大入射ビーム径、mm 72 28,8 14,4
全透過率 65%*
波面の歪み@ 50μm 0.03λ 0.06λ 0.04λ
寸法、mm 156х156х186 166х154х203 166х154х257
* -両方のレンズに両面反射防止コーティングが施されています。コーティングなしの場合、全体の透過率は30%です。


図1は、THzエキスパンダーをテストするための実験的なセットアップを示しています。THz放射は、100 GHzで放射するフェライトサーキュレータによって生成されます(λ= 3 mm)。放射線の受信機は、Tydex(f / 0.7)製対物レンズ付きの、INO製THzカメラMICROXCAM-384I-THZです。光源は直径10mmの平行ビームを生成します(図2Aを参照)。直径はレベル1 / e 2で測定されます。カメラは、エキスパンダーの有無にかかわらず生成された画像を登録します。x2ビームエキスパンダーのテスト結果は、図2Bに示されています。エキスパンダーがビーム径を2倍に増加していることがわかります。


THzエキスパンダーをテストするための実験的なセットアップ図1. THzエキスパンダーテスト用の実験セットアップ。


図2A 2B

ご要望に応じて、サイズ、拡大率、寸法、入口と出口の開口部をカスタムして製造できます。エキスパンダーには、THz範囲で透明な他の材料で作られたレンズを取り付けることができます。


HOME

                                                                                      株式会社ハナムラオプティクス