THz対物レンズ

対物レンズは、高品質の画像を取得することができます。THzイメージングのため、TYDEXは2種類の対物レンズを開発しました。非冷却マイクロボロメーターのマトリックス(マトリックス対角10.4 mm、アスペクト比4:3)での使用が想定されています。お客様のご要望に応じて対物レンズを設計・製作いたします。 THz対物レンズ


客観的な特徴は以下の通りです。

仕様
objectiveタイプ
44 / 0.95 44 / 0.7
焦点距離、mm 44
動作範囲、μm 50〜8000(6 THz〜37 GHz)
焦点数 0.95 0.7
対象物までの距離、cm ≥90 ≥60

寸法
(開口部/直径x長さ)、mm

Ø57/Ø90х74.5 Ø71 /Ø105 х  74.5

対物レンズは、図1に示した装置を使用して、150〜300μmの範囲内のマイクロボロメーター(320x240 px、ピクセルサイズ23.5μm)のマトリックスを使用し実験されました。

 

THz対物レンズ実験装置

図1.実験装置

広帯域(150〜3000μm)THz放射は、波長780nm、パルス幅25fsのフェムト秒レーザーを使用した光を調整することによって、厚さ0.5mmのZnTe結晶で生成されます。ポンピングビームは6mm幅(FWHM)、THz放射ビームは√2、つまり4.2mm狭くなります。THz対物レンズは、距離Lでクリスタルと一直線に配置されます。THzカメラは、距離fでラインのさらに下に配置されます。THzカメラのマトリックスは、入射端から12.9 mm先にあります。マトリックスの感度の範囲は30〜300μmです。

図2と3は、L = 200mm、f = 15mm、そしてk = 0.95でのTHzビーム狭窄プロファイルを示しています(焦点番号kはk = f / Dで決まります。ここで、fは後部焦点距離、Dは入射径です)。狭窄幅は260μmでした。


THzビームの狭窄 THzビームの狭窄
図2. THzビームの狭窄 図3. THzビームの狭窄

図4および5は、L = 200mm、f = 12mm、k = 0.7でのTHzビーム狭窄プロファイルを示しています。狭窄幅は310μmでした。

THzビームの狭窄 THzビームの狭窄
図4 THzビームの狭窄 図5. THzビームの狭窄


実験結果により、両方の対物レンズが意図した通りに機能することが確認されました。この実験は、ニジニノヴゴロドのロバチェフスキー州立大学のテラヘルツ科学研究所で行われました。


HOME

                                                                                      株式会社ハナムラオプティクス